覚えていますか、僕の事を【小説の裏話】

どんな感じですか?そんな感じです。
ご無沙汰してます、iPopの人です。
気付けばブログを更新するのも二年ぶり。久しぶり。

ここ二年くらい、麻雀から離れてゲームやってます。Fortnite。
コロナの自粛も相重なり、僕の机はこんな感じに。

そこらの満喫より快適だぜ。
そんな僕のFortniteのキル集はこちら。
興味あったら見てみてね。


さて、久しぶりにブログを更新したのは他でもない。
新しい小説をアップしました。
マンション麻雀の続編、マンション麻雀2
マンション麻雀2

マンション麻雀が完結したのが2016年だから、4年前。
それから一話完結の、「とある雀荘の日常」という小説をちょこっとアップしました。
第一話 あいぽっぷの桂木くん 第二話 さすらいの麻雀マシーン

新作含めこの三つ、全部同じ世界観のお話なんです。

マンション麻雀を書き終えてから、ずっと長編の続編(?)を書こうと思い、構想を練り練りしていたけど、なかなか書けないままだらだらと今日に至りましたが、自分のケツを叩くためにも少しずつアップしていこうと決意。序章だけだけど、アップする事にしました。

文章書くって難しい。少し間が開くと、ほんと書き方が分からなくなる。
Kindleunlimitedで小説の書き方の本を何冊ダウンロードしたか。。

少し内容の話をすると、マンション麻雀2は、マンション麻雀から作中では四年くらい前のお話。主人公はまだ19歳です。
水山さんとの出会いとか、色んな麻雀を打つクソガキのお話になってます。長くなると思うけど、最後までお付き合い頂けると幸いでございます。

久しぶりのブログはぐちゃぐちゃの文章ですが、最後まで読んでくれてありがとうございます。
どんな形でも、感想を頂けると飛んで喜びます。僕の事を忘れてた人は思い出してください。初めましての人はよろしくお願いします。

来年はみなさんの目に留まるよう、どんどん続きを書いていこうと思います。
それでは良いお年をお迎え下さい。