iPhone5のバッテリーって費用”約3千円”で、自分で交換出来るよ!

まだiPhone5を使っているみなさん、こんにちは。
使っている方には、片っ端から機種変更をオススメしているiPopの人です。

よく相談を受けます。
「バッテリーの持ちが極端に悪い」
「100%からいきなり20%になる」
「ポータブルバッテリーが手放せない」とかとか。

会社の隣の、よく行くコーヒー屋さんでそんな方がいました。
たまたま余っている(?)iPhone5のバッテリーがあったので、コーヒー屋さんでバッテリー交換することになりました。

少し器用な人なら、自分でも交換出来るので、方法を書いていこうと思います。
気になっている人、1度読んでみて出来るか判断してみて下さい。





スポンサーリンク

まずは工具、バッテリーの購入

まずはそこですね。

バッテリーはAmazonで見ても、色々種類があります。
選ぶ基準は、「PSEマーク」。安全基準を満たしているかです。
安すぎる商品はあまりオススメできません。

中国製のものはついていないものが多いです。
ぱっと見た限り、これがいいのではないでしょうか。

工具

バッテリー交換に必要なのは、
「星型ドライバー」
「プラスドライバー」
「鉄の薄い板みたいなやつ」
「ピンセット」の、4つです。

iPhoneの下の特殊なネジをはずすために使います。
これだけはiPhone用の特殊な工具です。

はずすネジが6個あります。
小さいネジでも大丈夫なドライバーがいいです。
上の商品は、僕も長年使っているものです。

これはパネルを開ける時、接着剤でくっついているバッテリーをはずす時に使います。
これも僕が長年使ってるやつ。

ネジが小さいので、組み立ての際にあれば重宝します。

実際にやってみる

工具、バッテリーの準備は出来ましたか?
特に難しい作業はありませんが、細かい作業になります。

作業時間は15分〜30分程です。
スムーズに終わらせるコツは、”焦らない事”です。
ネジが小さいので、途中で「うわぁぁぁ!!!」ってならず、ゆっくり丁寧を心がけましょう。

作業に入る前に、必ず電源を切ってから始めて下さい。

充電ケーブルの差し口の隣のネジを2本はずす

battery01

ここは特殊工具の星形ドライバーではずします。

パネルをはずす

このネジ2本をはずせば、パネルは取れる状態になります。
薄い鉄板をパネルと本体の間に入れ、テコの原理でぱかっと開けます。

この時、本体を傷付けないように気を付けましょう。

battery02

パネル側に、先程のネジが入るツメがあるので、ネジ穴の上を避けるように、真ん中から少し左右にずらした場所に鉄板を入れます。

battery03

はずすと、パネルは本体にケーブルで繋がっていて、薄い鉄板をかぶせて3本のネジで固定されています。
パネルを開けた勢いでこのケーブルを切ってしまわないように気を付けましょう。

battery4

iPopの人は、初めてiPhone5を分解した際にこのケーブルを切ってしまった事があります。
発売した次の日に自分のiPhoneを。。

battery05

このネジを3本はずすと、3つのケーブルが繋がっています。
これをはずすと、パネルを取る事が出来ます。

battery06

バッテリーをはずす

battery7

次に、この3本のネジをはずします。
すると、バッテリーと本体が繋がっている部分が出てきます。
これをはずせばバッテリーは取れるのですが、本体に接着剤でくっついています。

少し本体を温めて接着剤を弱めて、またテコの原理で剥がしていきます。

battery08

ここが1番大事なところ。焦らずゆっくりやって下さい。
本体のマザーボードを傷付けないように、バッテリーに傷を付けないようにします。

マザーボードを傷付けると、iPhoneが使えなくなる可能性があります。
バッテリーを傷付けると、火花が散って危ないです。

組み立てる

今の順序の逆をやります。
写真は同じなので、割愛しますが、ここで少しコツを。

小さいネジを入れる時、少しイライラするかもしれませんが、我慢。
ドライバーにネジを付けてから作業すると捗ります。
うまくピンセットも使いましょう。

battery9

パネルのケーブルの装着は、あまり力を入れなくても大丈夫です。
なかなかうまくいかない時は、ずれていないか確認して、深呼吸しましょう。

自分で出来そうですか?

特に難しい作業はありませんが、部品やネジは非常に小さいので、細かい作業が苦手な人には少し難しいです。
そんな人は、アップルの正規代理店や、巷のiPhone修理屋さんへ行きましょう。

ちなみに、正規代理店のビックカメラだと、バッテリー交換は¥10,152です。
ちょっと高い。。
今回紹介した方法だと、工具込みで約¥3,000と、リーズナブルです。

あと数年使うつもりがないのであれば、次の機種が出るまでのしのぎには安くて手軽でいいかもしれません。
機種変更が一番オススメだけどね。。

今回紹介したバッテリー、工具

ABOUTこの記事をかいた人

iPopの人

Apple製品と麻雀をこよなく愛している、iPopの人です。 雀荘→iPhone修理→おにぎり屋さん→不動産サラリーマン←今ココ。 簡単には真似できない職歴を持っています。 このウェブサイトは、元々「iPhone修理のiPop」のサイトでしたが、今は元店長、「iPopの人」のおもちゃとして、更新されています。 iPhone修理の経験を基にしたiPhone関係の記事から、麻雀の事まで。 はちゃめちゃに書きなぐっています。 どうぞよろしくお願いします。