64GBモデルでも追加料金無しでiCloudバックアップをする方法

明けましておめでとうございます。
世間は午年のようでございます。

今更感もあるんですがiCloudバックアップの快適さと重要性、そして方法を書いていきます。

iCloudバックアップの快適さと重要性

設定→iCloud→ストレージとバックアップ と進むとこんな風に表示されています。
iBU01iBU02iBU03
[note] このiPhoneが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続されているときに、カメラロール、アカウント、書類、および設定が自動的にバックアップされます。[/note]

 これはWi-Fi環境のある自宅で、充電しながら寝るだけで自動で毎日バックアップしとくよって事です。このバックアップさえあれば突然の故障や紛失、水没等の際に昨晩の状態に復元する事が可能です。失われるデータはアクシデント当日のものだけですみます。
iBU06

何がバックアップされるの

Apple公式サイトより引用

以下のデータがiCloudにバックアップされます:

音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、本の購入履歴

iCloudのバックアップには購入したコンテンツの情報が含まれますが、購入したコンテンツそのものは含まれません。iCloud バックアップから復元すると、iTunes Store、App Store、または iBooks Store から、購入済みのコンテンツが自動的にダウンロードされます。自動ダウンロードは、国別の iTunes in the Cloud で利用可能なコンテンツに基づいて行われます。なお、過去に購入した項目が払い戻しを受けている場合、またはもう iTunes Store で販売されていない場合は、その項目をダウンロードできないことがあります。

カメラロールにある写真やビデオ

デバイス設定

Appデータ

ホーム画面とAppの配置

iMessage、テキスト(SMS)、およびMMSメッセージ

着信音

Visual Voicemail

iOSデバイスのバックアップは、デバイスに保存されたデータおよび設定だけをバックアップします。iCloud にすでに保存されているデータは含まれません (iOS App や Mac App を使って iCloud に保存した連絡先、カレンダー、ブックマーク、メールメッセージ、メモ、共有フォトストリーム、自分のフォトストリーム、書類など)。

 私はこれ以外に、月一くらいでにMacでバックアップ(同期じゃないよ)を作成し、さらにそのMacではTime Machineが動いていますから、3重くらいにバックアップをとっている事になります。が、どうしても月一くらいが限界ですよね。
その点、iCloudバックアップは完全自動で毎日バックアップをとってくれるのでとても安心です。水没させたときなんかは、「昨日バックアップとっておけば良かった。。。」ってなりますから。

[warning]注意
iTunesの同期データはバックアップデータでは無いので、そこから新しいiPhoneに古いiPhoneのデータを復元させる事はできません。復元にはバックアップデータが必要です。[/warning]

ちなみにTime MachineとはMacのHDDのバックアップを、これまた自動で細かく取っておいてくれるスグレモノです。
Appleの公式サイトでの解説はこちら
Wi-Fiルータ機能も付いてるTimeCapsuleはこんな感じ

iCloudバックアップの方法

 iCloudバックアップに使用する無料のストレージは初期状態では5GBしかありません。64GBモデルのiPhoneを使っていたら全然足りないじゃん!なんて事はありません。けっこうギリギリですが何とかなります。

iBU08
というか私はなんとかしております。あと120MBしか空いてないけど(汗 このAppleの絶妙なさじ加減といったら。。。

設定→iCloud→ストレージとバックアップ→ストレージを管理→このiPhone と進みます。
iBU04iBU08

そしてカメラロールのバックアップをオフにします。私はこれだけです。写真は別の方法でバックアップをします。
 私はフォトストリームを利用してMacに保存しています。iPhoneのフォトストリームだと1000枚しか保存できません。そこでMacのiPhotoというアプリを使用します。これでフォトストリームを有効にするとMacのHDDにフォトストリームが自動的に保存されていきます。これまた完全自動なので楽チン。Macをもっているなら一押しです。ただ、ローカルストレージに保存する事になるのでMBAとかだと容量的にツライかも。
iPhoto

 ほかにもFacebookやDropbox、Flickrなんかを利用する方法もあります。写真をバックアップする方法は結構いろいろあるので、環境や使い勝手によって使いやすいサービスを選んでください。
 ただたんにフォトストリームで1000枚バックアップでも問題ないよって人はそれでも充分使えると思います。ここから残しておきたい写真だけ、自分だけの共有フォトストリームを作って入れておけば無限に保存できます。
 その辺の記事は本気で使える「共有フォトストリーム」を本気で解説してみた。で詳しく解説してあります。

「iPadも持ってんだけど。。。」って方は諦めて有料ストレージを購入しましょう。。