アウトドアに出かける際は

 

レスキューダイヤルは出来る限り24時間対応しています。
お気軽にお電話下さい。
お問合せ

 

先日、レスキューダイヤルに慌てた様子の電話がかかってきました。
「iPhoneもったまま川に入ってしまいました!」

 

 iPhoneが水没したときに絶対にやってはいけないのは電源を入れる事です。こちらのエントリーに詳しく書いてありますが、どうしてもiPhoneが水没した際には慌てて電源を入れたくなるようです。
ぐっとこらえて応急処置をしましょう。そして修理に出しましょう。

 

 電源を入れてみると動く事もあります。しかし、iPhoneには一切の防水加工がしてありません。つまり、水没したiPhoneが動いたとしても内部には水が浸入してしまっています。iPhoneの電源が入った状態で、重要な基板がショートしてしまえば復旧は難しくなります。

 

 落ち着いて、応急処置を施しすぐに修理に出して頂ければ9割以上が復旧します。あせらずに対処しましょう。

 

 さて、川に入ってしまったiPhoneには応急処置のご案内をしました。応急処置には乾燥剤とジップロックが必要です。これらはたいていのコンビニで売っています。
 ところが、彼らのいる場所は近くにコンビニが無い。。。って事でした。

 

水遊びの予定が無くても、汗やゲリラ豪雨など危険はいっぱいです。バーベキューやキャンプ等、郊外へ遊びにいく時は防水ケースがおすすめです。

 

[tip]こんなやつです。マジで便利です。キャンプが終わったらお風呂場で使いましょうw

[/tip]