エバーノートって何?

スポンサーリンク

 エバーノートはDropboxとは違うの?

 

 今日からはエバーノートのススメです。

 

 エバーノートをドロップボック等のストレージサービスだと思っている人が多いです。

 

 ところが、まったく別物です。炊飯器とホームベーカリーくらい違います。

 

 

 じゃ何につかうの?

 

 DropboxやSugarSync、GoogleDriveなどのストレージサービスはネット上に、”ファイル”を保存する為のサービスです。

 

 一方、エバーノートは”ファイル”ではなくて”情報”を保存するものです。ですから、エバーノートは情報の管理に特化しています。

 

 最大の利点は、”画像の中の文字を自動で認識してくれる”という機能です。例えば名刺の写真をエバーノートに入れておけば、名前でも会社名でも検索出来るようになります。

 

 私は”忘れたら困る情報”と”そのうち必要になるかもしれない情報”を保存しています。

 

 具体的に例を挙げると、「アイデア」「ブログの下書き」「日報など報告書」「ウエブの記事」「名刺」「レシート」「契約書」「説明書」等です。

 

EvernoteのCEOフィル・リービン氏が、
「エバーノートは第二の脳を目指す」と言ってます。
これについて私は、
脳の”思考”ではなくて”記憶”の部分をエバーノートに代替させる、
という意味だと思っています。

 

 

 活用のポイントは複数のアプリ

 

 使いこなすポイントは”複数のアプリを使い分ける事”です。私は4つのアプリを使っています。

 

一つ目はエバーノート純正のアプリ「エバーノート」です。

 

Evernote「Evernote」

 

evernote1

 

 

次の様な場合に利用します。

 

・閲覧するとき

 

 エバーノートに集めた情報の中から、何かを探ときはこの純正アプリです。ほとんどそのために使います。

 

 

・ちょっと長めのテキストを編集する時

 

 このブログの下書きは、iPad版純正アプリで書いています。iPadのソフトウェアキーボードですが、想像以上にサクサク入力出来ます。

 

 電車移動中に書いている事が多いです。さすがにiPhone版では長文を入力するのは大変です。

 

 しかし、下書きを編集するには、もってこいです。

 

 またiPadで作った文章をiPhoneで見る事で、第三者視点で見直す事ができます。これ、結構重要です。

 

 

 結局のところ

 

 少し話がそれましたが、まずは純正アプリをインストールして、使い始めてみて下さい。

 

 アプリを起動するとサインインか新規登録を選択する画面になります。まだアカウントを持っていない方はアカウントを作成しましょう。

 

これが純正アプリのトップ画面です。
evernote4

 

ノートとノートブックという言葉が出てきます。これは次のように捉えて下さい。

 

ノート=ファイル
ノートブック=フォルダ

 

 一応、ノートブック毎に名前をつけて整理したりすると便利なんですが、面倒くさかったらそのままどんどん放り込みましょう。以前の記事と同様、”検索”すれば大丈夫ですから。

 

 多分「ホントに便利なの?」って思ってる事と思います。実はここまでは準備です。

 

 次回から本気で便利なエバーノートのアプリを紹介します。

 

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

スポンサーリンク