小説を書きました。

今回はお知らせが二つあります。

こんにちは。iPopの人です
たまたま仕事が重なって三連休が無くなりました。これを書いている時間は午前2時、寝て起きればまた平日です。こんちくしょう。

ついに完結しました、マンション麻雀。

マンション麻雀

2017.06.06

21歳のメンバー小僧が、マンション麻雀へ代打ちに行くお話。一応書いておきますけどフィクションですよ。

普段からさっぱり小説を読まない僕は、「これって楽しいのかな?」とか「こういう感じなのかな?」とか色々考えながら書いていました。仕事が忙しかったりして、なかなか書くモチベーションが湧かず、気付けば最初のアップから、かなり時間が経ってしまいました。何より僕は書くのが遅い。往復の通勤電車でiPhoneとにらめっこして3行しか進まなかったりします。進む時はパーっと出てくるんだけど、そのモードがなかなか来ない。どーやるんだろあれ。続きが出てこなくて「小説 書き方」とか調べたし、本も買いました。ほんとに日本語って難しいよね。

感想を言ってくれた方達、ほんとうにありがとうございます。モチベーションはそこしかないから。面白かったって言ってくれたり、続き早くかけって煽ってくれたり、雀荘に入って「桂木さんいらっしゃいませー」とか呼ばれたり。みんなもっと言って。

Twitterも拡散してくれた人がいっぱい。ありがとう!

さて、お知らせ二つ。
一つ目はこの「マンション麻雀」をKindleで電子書籍化します。本を出すという事を経験してみたいのと、文化人を気取りたいからです。¥300の予定だけど、無料セールもやるよ。でも、引き続きブログでは無料で読めます。ご安心下さい。

二つ目は、新しいシリーズを書きます。タイトルは「とある雀荘の日常」メンバーの目線から、とある雀荘での日常の風景を、一話完結で写していきます。書き方をググりながら書き始めてます。面白いものを書こうと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

そんな感じです。

ABOUTこの記事をかいた人

iPopの人

Apple製品と麻雀をこよなく愛している、iPopの人です。 雀荘→iPhone修理→おにぎり屋さん→不動産サラリーマン←今ココ。 簡単には真似できない職歴を持っています。 このウェブサイトは、元々「iPhone修理のiPop」のサイトでしたが、今は元店長、「iPopの人」のおもちゃとして、更新されています。 iPhone修理の経験を基にしたiPhone関係の記事から、麻雀の事まで。 はちゃめちゃに書きなぐっています。 どうぞよろしくお願いします。