麻雀が好きなら、学生時代にメンバーをやれ!3月のフリー収支

MJ86_irassyaimase15163713_TP_V

こんにちは。iPopの人です

数年働いていた雀荘の後輩が、大学を卒業、就職するにあたりお店も卒業する事になった。

名前は斉藤君。

image

当時、数ヶ月先に退職が決まっていた僕。
後釜を探していた時に、見つけた明るい学生セットのお客さん。それが斉藤君だった。

斉藤君は非常におっちょこちょい。
“電子レンジ爆発事件”は記憶に新しい。

東切りの北待ちでリーチをかけて、”もろひっかけ“するんじゃないと、お客さんにイチャモンをつけられていた時には、斉藤君が悪いんじゃないかと錯覚してしまう事もあった。

image

でも斉藤君は、僕の退職後の2年間をしっかり勤め上げてくれた。留年を挟んで。
おめでとう、そしてありがとう。

さて、前置きは長くなったけど、本題に入るよ。
麻雀が好きなら、学生時代に雀荘で働いてみようというお話、僕のオススメの働き方。
あと3月のフリー収支。





スポンサーリンク

学生はメンバーをやってみようぜ

僕の働いていたお店のオーナーの格言。
「麻雀は一生やるんだから、早めに強くなった方がいい」

確かに。ならメンバーやった方がいいね。
やるなら学生時代がいいよ。
その理由をこれから説明するよ。

■まず、メンバーをやると強くなるのか?
■なぜ学生時代なのか?
■オススメの働き方は?

メンバーやると麻雀強くなるの?

はい、なります。
強くならなかったら、向いてないという指標にもなります。
遊びではなく、仕事で麻雀をするようになります。

ここにも少し書いてありますが、この2点をしっかりやっていれば必ず強くなります。

■自分の打数、着順、収支を毎日しっかりつける
■なるべくお客さんの麻雀を後ろ見する

メンバーの最大のメリットは、麻雀を後ろ見できる事。
2〜4人分の麻雀を見ると、非常に勉強になります。
でも鬱陶しいので、あまりうろちょろしないように。

なぜ学生時代なのか

ズバリ収入が安定しないから。
麻雀の成績は給料にそのまま反映されます。
給料以上に負ける事をアウトオーバーと言います。

もちろん、ならない事が好ましい。
月単位で見ると、どうしようも無い事もあります。
なので理由は、生活が懸かっていないから。あと暇だから。

学生でも、生活が懸かっている人はやめた方がいいです。あと暇じゃない人。

人間、お金が無いと悪い事をします。
余裕を持って働きましょう。

それでは、色々ひっくるめたオススメの働き方。

オススメの働き方

1、レートは点5
2、必ず昼間のシフトに入る
3、他の収入源を作る(アルバイトの掛け持ち)

こんなところ。説明しよう。

レートは点5

学生なので、点5です。
理由はアウトオーバーの時に責任がとれないから。
あとは点5のお店の方が学生を求めています。

学生が点5の雀荘で働くというのは、双方の理に適ってる訳です。

昼間のシフトに入る

雀荘で働いた事によって、単位が足りなくなった人間を腐るほど見てきています。
それは夜番で入って生活リズムを壊す事から始まります。

夜番メインで入っている学生の80%が、退学、留年します。(iPopの人調べ)

他の収入源を作る

簡単に言うと、お金をもらえると思って働かない事。
アウトオーバーになっても埋めれるだけの収入は確保しましょう。

余裕が無いと、麻雀も勝てないし伸びません。

ということで

他のアルバイトをしながら、週に1度、点5の雀荘で、昼間に働くのが一番オススメです。
週1からでも出来るところはいっぱいあるよ!探してみて!

3月の収支

1着2着3着4着
トップ率:0.280ラス率:0.228平着:2.37連対率:0.570
32332326
総打数114G収支+300P

ちょっと長くなってしまったのでさらっと。
最終日に14,000条件をクリア。奇跡の+300P。
立直嶺上赤金の四暗刻ツモった。きもちぃ〜〜。

今年の収支

 打数1着2着3着4着収支
トップ率:0.281ラス率:0.244連対率:0.535平着:2.407
1月315102786966+51,450P
2月18754534832+22,400P
3月11432332326+300P
4月31383767480-90,800P
5月25474576360+18,300P
6月22767534760-46,400P
7月35299828586+36,400
1410412350324324-8,250P

なのであまり動かず。
ラス率は上がって、平均着順は上がった。

image

社会人になったら名前の呼び間違えには気を付けるんだぜ。

ABOUTこの記事をかいた人

iPopの人

Apple製品と麻雀をこよなく愛している、iPopの人です。 雀荘→iPhone修理→おにぎり屋さん→不動産サラリーマン←今ココ。 簡単には真似できない職歴を持っています。 このウェブサイトは、元々「iPhone修理のiPop」のサイトでしたが、今は元店長、「iPopの人」のおもちゃとして、更新されています。 iPhone修理の経験を基にしたiPhone関係の記事から、麻雀の事まで。 はちゃめちゃに書きなぐっています。 どうぞよろしくお願いします。