LINEをMacで使う方法

スポンサーリンク

 LINE

 

今年の一月に、世界でユーザー1億人を突破!
日本国内で4100万人が使っています。

 

そんなLINEをMacで使う方法をご紹介します。
(ほとんど手なりです。)

 

[tip]まずはLINE公式サイトへ。

 

LINE01

 

左側メニューの「LINE APP DOWNLOAD」をクリック。
するとOSを聞かれます。MAC OS Xを選択。
クリックするとダウンロードを開始します。

 

LINE02

 

新しいタブが開き、右上からダウンロードされたファイルにアクセス出来ます。

 

LINE03

 

「LINE.pkg」をダブルクリック。

 

LINE04

 

あとはひたすら右下の選択肢をクリック。

 

LINE05
LINE06
LINE07

 

最後にパスワードを入力します。

 

LINE08

 

これでLINEがインストールされました。

 

LINE09

 

あとはメールアドレスを入力。
(登録してない人は登録しましょう)

 

LINE10

 

これで見慣れたこの画面です。

 

LINE11

 

無料通話も出来ます。

 

LINE12
[/tip]

 

 LINEからExcelファイルを送れる

 

新バージョンver.3.1.4.73から、
Excel、Word、パワーポイント、PDFなどのファイルが転送出来るようになりました。
(iMessageでは以前から出来たのですが)

 

今って「LINEでしか連絡先を知らない」なんて人も多いのでは??

 

試しに、Excelファイルを送ってみました。

 

[tip]まずはMacでExcelファイルを作成。

 

LINE13

 

ファイルの選択は、フロッピーのアイコンからファイルを選択するか、ドラッグで。

 

LINE14

 

iPhone側から見てみます。
Excelファイルをタップ。

 

LINE15

 

しっかり確認出来ますね。

 

LINE16 LINE17

 

このファイルを別の対応アプリで開く事も出来ます。
右上矢印のアイコンをタップ。

 

LINE18

 

[/tip]

 

意外と知らない、パソコンでLINEを使う方法。
iPhoneから送信してMacで返信を待つなんて事も出来ます。

 

 今日の修理

 

自分でカスタムパネルを購入し、カスタムを試みたけど、うまくいかず。。
という分解途中での持ち込みの修理をしました。

 

簡単そうに見えてしまうので、自分で試みる人が多いように思います。
ですが、練習無しに何の不具合も無く出来るものでもありません。
大抵何処かしらのケーブルを傷めてしまったりしています。

 

今回はホームボタンが切れてしまっていました。

 

LINE19 LINE20

 

ホームボタンケーブルを代え、組み直して修理完了です。

 

 

今日の夜の雨はすごかったですね!
小田急線が突風の影響で遅延していました。
傘も差せない程だったので、ポケットにiPhoneを入れていて、水没の被害に遭う。。
なんて事が起こりそうな天気でした。

 

大雨の次の日は、水没修理の依頼が多いです。
みなさん気を付けて下さい。<(_ _)>

スポンサーリンク