水没修理、復旧

こんにちは。

 

iPhone5、とても薄く、軽くなりました。
僕も使っているのですが、
「4、4Sとの違いは何ですか??」
と、聞かれる事がしばしばあります。

 

答えは、「とにかく軽い!!」
一度使ってしまうともう戻れないでしょう…

 

 

だがしかし!
軽いがゆえに、手からすっぽ抜けてしまったり、落としてしまったり…

 

 

手からすっぽ抜け、洗面台にダイブ。
電源すら入らない状態でお預かりしたiPhone5が復旧しました。

 

 水没修理の流れ

 

suibotu1

 

お預かりした時の状態です。

 

suibotu2 suibotu3

 

開けてみると、まだ水分が残っています。
右側の写真、シールが赤くなっているのがわかります。

 

suibotu4

 

フロントパネルも開けてみるとずぶ濡れ…

 

suibotu5

 

主要パーツを取り出し、洗浄、乾燥させます。

 

 大事な事

 

iPopでは、水没修理のお預かりから、お渡しまで2日頂いています。

 

水没修理は、

 

いかに早く処置するか
いかに置いておけるか

 

この二つが重要です。

 

サビになる前に処置をし、
サビにならないようにしっかり乾燥させます。

 

今年に入って5台目のiPhone5でした。うち、4台は復旧しています。

 

直らなかった1台は水没から2日以上経過していました。
復旧した4台はどれも水没から1日以内の持ち込みでした。

 

水没修理は早さが勝負です。
もしも水没の際は、iPopまで駆け込んで下さい。
直らなかった場合の代金は頂きません。
復旧した場合は、iPhone5の場合¥14000頂いております。
(故障箇所があれば別途料金がかかります)

 

水没修理値段表

 

 

とはいえ・・
やはり水没させない事が一番。
みなさん、軽すぎるiPhone5には気を付けましょう。(店長は2回落としてます)